クリエイトジャパン株式会社

03-3543-8181
Important matter 重要事項
HOME > 重要事項 > (CX)重要開示事項

CX重要開示事項

 

  ●商品先物取引に係る留意点について【損失限定取引】  
●商品先物取引に係る留意点について【通常取引】
     

 

損失限定取引には以下の留意点がございます。

1. 損失限定証拠金について

損失限定取引は委託に際して損失限定証拠金の預託が必要になります。最初に預託する損失限定証拠金の額は商品、又は約定値段により異なり、ロスカット水準の値段に取引所が定める価格変動率を乗じた額と当社が定めるロスカット水準までの値幅を加算した額に取引単位の倍率を乗じて得た額となります。

2. 委託手数料について

損失限定取引の委託には委託手数料がかかります。2024年3月1日現在、最低取引単位(1枚)当り最高20,625円最低231円です(片道・消費税込み)。

3. 損失限定取引のレバレッジについて

損失限定取引における総取引金額は、最初に預託すべき証拠金の額に比べて大きい額となります。具体的には商品によっても異なりますが、取引に際して預託すべき証拠金の約2~7倍の額にもなります。

4. 損失限定取引のリスクについて

損失限定取引は、相場の変動によって損失が生ずる恐れがあります。ただし、その損失額は損失限定証拠金を上回ることはありません。(委託手数料は含みません)。
お取引開始にあたっては、仕組み・リスクについて、その内容を十分ご理解くださいますようお願いいたします。

 
 

お取引に関するご相談は、

本社 ℡03-3543-8181(代表)
お客様相談窓口:CX事業部 管理部 0120-818191

※どんな些細なことでも結構です。ご遠慮なく上記フリーダイヤルまでご連絡下さい。

日本商品先物取引協会・相談センター
℡03-3664-6243
※「日本商品先物取引協会・相談センター」は、商品先物取引業務に関するお客様からの相談、苦情の受付窓口として、また、紛争を解決するための仲介手続きの窓口として設置・運営されている機関です。

弊社の企業情報は、弊社本店又はホームページ、並びに日本商品先物取引協会の本部・支部又はホームページで閲覧できます。  

 

  通常取引には以下の留意点がございます。

1. 建玉証拠金について

通常取引は委託に際して建玉証拠金の預託が必要になります。株式会社日本証券クリアリング機構(以後JSCCと記す)の規定により計算され、維持証拠金の額は全ての上場商品につき、JSCCが定める証拠金所要額と同額とし、建玉証拠金は維持証拠金の原則1.5倍、ただし堂島取引所の商品は3倍、他の限日取引の商品は2倍とします。
最初に預託する建玉証拠金の額は、2024年3月1日現在、最低取引単位(1枚)当り最高1,516,500円です。ただし、以後JSCCに定められた規定により追加の預託が必要になることがあります。

2. 委託手数料について

通常取引には委託手数料がかかります。その額は商品によって異なり、2024年3月1日現在、最低取引単位(1枚)当り最高19,250円、最低154円です(片道・消費税込み・先限ベース)。

3. 通常取引のレバレッジについて

通常取引における商品の総取引金額は、取引に際して預託すべき証拠金の額に比べて大きい額となります。具体的には商品によっても異なりますが、最初に預託すべき証拠金の4~30倍程度の額になります。

4. 通常取引のリスクについて

商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金で取引を行う取引であり、相場変動によって損益の発生する元本保証・利益保証のないリスクのある取引です。
お取引開始にあたっては、仕組み・リスクについて、その内容を十分ご理解くださいますようお願いいたします。

 
 

お取引に関するご相談は、

本社 ℡03-3543-8181(代表)
お客様相談窓口:CX事業部 管理部 0120-818191

※どんな些細なことでも結構です。ご遠慮なく上記フリーダイヤルまでご連絡下さい。

日本商品先物取引協会・相談センター
℡03-3664-6243
※「日本商品先物取引協会・相談センター」は、商品先物取引業務に関するお客様からの相談、苦情の受付窓口として、また、紛争を解決するための仲介手続きの窓口として設置・運営されている機関です。

弊社の企業情報は、弊社本店又はホームページ、並びに日本商品先物取引協会の本部・支部又はホームページで閲覧できます。