はじめてのお客様へ
選択して下さい



HOME > はじめてのお客様へ > FXの基礎知識 レバレッジ
FXFXの基礎知識 レバレッジ

外国為替市場には銀行間(インターバンク)市場と対顧客市場があります。
銀行間市場では100万通貨が1単位として取引されており、また、対顧客市場では銀行の手数料を上乗せしたレート(TTS/TTB)が適用されることや取扱時間が限られていることから、個人投資家にとって為替差益を得るには不利な環境でした。
しかし、外国為替証拠金取引の登場によってその状況が変わりました。
外国為替証拠金取引の特徴の一つはレバレッジを利かせることで、少ない資金で大きな取引ができることです。

例えばドル円のレートが1ドル=120円だったとすると、銀行の外貨預金で10万ドルを預金するためには1200万円の資金が必要となります。
一方、外国為替証拠金取引では、レバレッジ効果により100万円程度の資金があれば10万ドルの買いポジションを持つことができます。
この場合も10万ドルに相当するスワップ金利が得られますから、効率よく資産を運用することが可能となります。
ただし、資金に対して過大なポジションを保有すると、それだけ為替リスクが大きくなりますのでご注意下さい。

 レバレッジの算出方法は以下の通りです
レバレッジ=約定総代金÷預け入れ残高
例えば1ドル=120円の時に、100万円の資金でドル円10万通貨の買いポジションを持ったとすると、 レバレッジ=1200万円÷100万円=12倍 となります。
また最大レバレッジは約定総代金÷必要証拠金で求められますので、ドル円10万通貨の買いポジションを持つのに必要な証拠金が60万円とすると、 レバレッジ=1200万円÷60万円=20倍 となります。

クリエイトジャパンTOP | はじめてのお客様へ | FX(外国為替証拠金取引) | CX(商品先物取引) | マーケット情報 | 会社案内 | 重要事項 | サイトマップ

クリエイトジャパン株式会社 登録番号 関東財務局長(金商)第256号
Createjapan Co.,Ltd All Right Reserved