はじめてのお客様へ
選択して下さい



HOME > はじめてのお客様へ > FXの基礎知識 アラートメールとロスカット
FXFXの基礎知識 アラートメールとロスカット

外国為替証拠金取引はレバレッジのかかる証拠金取引ですので、相場の動き次第では予想以上に損失が膨らんでしまうことが考えられます。
そこで多くの外国為替証拠金取引業者はアラートメールやロスカット制度を導入しており、これによって投資家の一定以上の損失を防いでくれます。
アラートメールとは、相場が思惑とは反対方向に動いてしまい、保有ポジションに対し証拠金が不足すると発生します。
仮にアラートメールが発生した場合は、取引口座に追加入金するか保有ポジションを決済します。
ロスカットは、一定額以上の損失に達した場合に発生します。
ロスカットが発生した場合は、保有ポジションは強制的に決済されます。
アラートメールやロスカットは損失を限定させるための安全装置の役割を果たしています。
お取引を始める前に、アラートメール・ロスカットのルールをよく把握しておきましょう。
詳細については、下記内容をご覧下さい。


クリエイトジャパンTOP | はじめてのお客様へ | FX(外国為替証拠金取引) | CX(商品先物取引) | マーケット情報 | 会社案内 | 重要事項 | サイトマップ

クリエイトジャパン株式会社 登録番号 関東財務局長(金商)第256号
Createjapan Co.,Ltd All Right Reserved